新宿区のトータルクリエイティブオフィス えんぎ株式会社 / ENGI Inc.

ロッテ『ストロベリーブランデー』実食レビュー!洋酒感は薄くコスパはやや気になるが中とろ外ほろで口どけが良くストロベリーの華やかな香りも◎

2020年10月27日 17:21

 

 

こんにちは、ENGI MAG編集部です。

 

 

今回は、本日2020年10月27日(火)に新発売されたロッテ『ストロベリーブランデー』を実食してレビューしていきます!

 

価格はオープン価格で、想定小売価格200円前後(税抜)、セブン-イレブン実売価格は200円(税込216円)となっています

カロリーは1本標準26gあたり135kcal

 

▼2021年03月23日(火)新発売のロッテ『とろっといちごリキュールのチョコレート』についての記事はこちら



 

ロッテ『ストロベリーブランデー』

“ロッテ『ラミー』『バッカス』ブランドサイトより”

Strawberry Brandy
いちごの果肉ソースとブランデー入りの生チョコをとじ込めました
洋酒使用 アルコール分 0.8%

ロッテ『ストロベリーブランデー』 ロッテ『ストロベリーブランデー』

 

全部で3本入っていて、『ラミー』と同じ形状です。どちらも1本26gなので全く同じ形かな?

 

 

食べる前の段階では甘いチョコとストロベリーの香りが同じくらい感じられて、洋酒の香りはほとんどしません。

では実際に食べてみるとどうか試してみましょう!

 

実食

 

 

ん〜いいですねぇ美味しい!

 

中の生チョコがとろっとろで、外側は一瞬でホロホロとほどけていくようなチョコレートです。

ストロベリーの甘酸っぱく華やかな香りもチョコの濃厚さに負けないくらいしっかりしていて、それでいてくどさもないです。

 

『ストロベリーブランデー』はアルコール分0.8%と『ラミー』『バッカス』のようにアルコール分は高くないので(『ラミー』は3.7%、『バッカス』は3.2%)、洋酒の香りやアルコール感の強いタイプではなく、お酒に強くない方やチョコレートの洋酒の香りが苦手な方でも食べやすいと思います。

 

ロッテ『ストロベリーブランデー』

 

ただまぁ逆に言うと、本当に少しだけ香り付けでブランデーが入っているというレベルなので『ラミー』『バッカス』と同額なのは若干損した気分ではあるかな。

 

美味しいけど!

美味しいけど限りなく単純なストロベリー生チョコに近いので、洋酒入りチョコの高級感を期待して買うとちょっとイメージとは異なるかもしれないですね。

 

お酒が入っているチョコレートなので、晩酌にウイスキーなどのお酒と合わせて食べても美味しいと思いますし、ブラックコーヒーかミルクだけ入れたコーヒーと一緒に、おやつとして食べると贅沢なおやつになりそうなのでこちらもオススメです。


ごちそうさまでした!

 

ロッテ『ストロベリーブランデー』

 

商品名 ロッテ『ストロベリーブランデー』

総合評価:★★★☆☆(5段階中3)
※味、コストパフォーマンスなどを総合的に評価

発売日 2020年10月27日(火)
製造者 株式会社ロッテ
販売エリア 全国
※一部の地域および一部の店舗では取扱いのない商品がございます。
価格 オープン価格(想定小売価格200円前後(税抜))
セブン-イレブン実売価格は200円(税込216円)
地域によっては価格が異なる場合がございます。
内容量 3本入

 

▼栄養成分表示(1本標準26gあたり)

エネルギー 135kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 8.4g
炭水化物 13.3g
食塩相当量 0.04g

(推定値)

▼原材料名

砂糖、全粉乳、カカオマス、植物油脂、ココアバター、ストロベリーソース(砂糖、果糖、ストロベリー果肉、麦芽糖、濃縮ストロベリー果汁、濃縮パッションフルーツ果汁、ストロベリーリキュール)、生クリーム、乳糖、乳等を主要原料とする食品(卵を含む)、ブランデー、濃縮ストロベリー果汁/ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、酒精、香料、酸味料、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、着色料(紅麹、アントシアニン)、酸化防止剤(ビタミンE、ヤマモモ抽出物)



PAGE TOP